31歳専業主婦のLINE掲示板体験談

今まで普通に良き妻として専業主婦として生きてきた私ですが、主人が地方に単身赴任することになりなんだか急に心にぽっかり穴があいたような気分がしました。
そういえば結婚してからあんまり出会いもないし新鮮なことがなかったよなと考えたら、このまま年をとっていってしまうのかなと寂しい気持ちでいっぱいになりました。
自分と同世代の独身の女友達は若い男性と交際していて正直うらやましくもありましたが、私には私の幸せがあるのだと考えていました。
けれど主人が単身赴任をして時間が大きく空いた今、ほんの軽い気持ちでしたがLINE掲示板アプリを利用してみようかなと思いました。

LINEは私も利用して友達とコミュニケーションをするのが楽しいので、そのLINE掲示板かと思うと安心できましたし楽しそうでひさしぶりにわくわくしました。
異性との出会いを求めていたのですがもしかしたら色々な女友達への対抗心とかも入り混じっていたのかもしれません。
主人とは違う若い男性とのLINE掲示板アプリでのやりとりは新鮮で、自分が女子大生に戻ったような気分すらしました。
そんなとき私のほうからどこかで会いませんかと提案してしまったのは、まるで若者のような時の軽いノリに近かったかもしれません。
けれど相手の男性も真剣に受け止めてくれて私たちは会うことになったのです。

LINE掲示板で本当に出会えるんだという面白さが今更こみ上げてきて、私は毎日が急にわくわくしてきました。
会うことを予定している日までに、エステに通ったりメイクをファッション雑誌を久しぶりに買って流行を意識してみたり、自分に投資する楽しみが芽生えました。
相手が若い男性なので、おばさんかと会ってみてガックリされるのはイヤだったので如何にきれいにした見せれるか頑張りました。
当日になって会った彼は思ったより大人びていましたが、大学院生ということもありインテリっぽい雰囲気がありました。
私の方が落ち着きがないように見えて恥ずかしい気分がしましたが、出会いは自分が変わることができる可能性を秘めていると思いました。